読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

localdisk

PHP とか Java とか Web とか好きなことを書きます。

Laravel を高速化というか最適化する

この記事は Laravelリファレンス発売記念!販売促進!! Advent Calendar 2015 - Adventar 12/5 分の記事です。

Laravel について「遅い」とか言われるたびに、「ちゃんと最適化してる?」って思ってたので良い機会なのでここらへんちゃんと書いておこうと思います。

まずは、アプリケーションのコードを一切変えないお手軽な方法から。

コードを修正しないお手軽な方法

optimize コマンド

これ、デプロイ時は必須です。やってくることは

注意点としては config/app.phpdebugtrue だと clear-compiled が走るだけで終了するので、本番時はちゃんと false を設定しよう。

route:cache コマンド

ルート定義をキャッシュします。実際何してるかというと、ルート定義をシリアライズして base64_encode したものを /bootstrap/cache/routes.php に出力しています。

注意点としては、routes.phpクロージャを書いている場合はシリアライズできなくてエラーになる。以下の様なルート定義はダメということです。

Route::get('home', function(){
    return view('home');
});

キャッシュしたければコントローラーを作ってルート定義しよう。

config:cache コマンド

設定ファイルをキャッシュします。実際何してるかというと、すべての設定値を var_export して /bootstrap/cache/config.php に出力しています。

これらのコマンドは使って困ることはないので、デプロイ時には必ず実行させましょう。

番外

これは Laravel に限らないのですが

とかね。早くなりますよ。PHP 7 はともかく OPcache は必ず有効にしましょう。

コードを変更して早くする方法

ここからはコードを少し変更して最適化を目指します。

不要なミドルウェアの削除

App\Http\Kernel クラスにはグローバルミドルウェアとして幾つかのミドルウェアがあらかじめ登録されています。使わないものを削除してしまいましょう。

  • CheckForMaintenanceMode
    • メンテナンスモードかどうかをチェックする。メンテナンスモードだったら 503 を返す。
  • EncryptCookies
    • クッキーの暗号化。
  • AddQueuedCookiesToResponse
    • クッキー使わなければいらない(APIサーバーとか)
  • StartSession
    • セッション使わなければいらない(APIサーバーとか)
  • ShareErrorsFromSession
    • セッションに errors という名前で登録された内容をすべてのビューで共有している
  • VerifyCsrfToken
    • CRSF チェック。

不要なサービスプロバイダ/ファサードを削除

Laravel は多機能なフレームワークなので、要件には必要のない機能もあると思います。必要のないものは config/app.php から削除してしまいましょう。

ファサードを使わない

必要なインスタンスファサードを経由するのではなく、コンストラクタメソッドの引数としてインジェクションしたり、コンテナから直接引っ張ってくればファサードは必要なくなります。config/app.phpaliases の配列をごっそり削除すれば初期処理は早くなります。

ここらへんは 12/15 に @ex_takezawa さんが詳しく解説してくれると思います。

利便性とトレードオフですが、難易度はさほど高くありません。

Eloquent を使わない

すべての処理を QueryBuilder に任せる方法です。Eloquent はマジックメソッドを多用しているので、使用しないことで若干のパフォーマンス上昇が望めると思います。 こちらはファサードを使わないよりも難易度が高くなると思います。Eloquent を使わないということは…

  • リレーション
  • Eagerローディング
  • マスアサインメント
  • 論理削除
  • クエリースコープ
  • モデルイベント
  • アクセサ / ミューテーター
  • シリアライズ

の機能が使えないということなので、慎重に検討する必要があります。僕はたぶん無理。

結論

そこまで頑張るんだったら Lumen 使おう。

まとめ

いろいろ最適化の手法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? まぁ、うん、それでも満足できない場合は Go とか Java 使ったほうがいいと思います。

宣伝

よろしくお願いします!

www.amazon.co.jp